フクロウの種類 〜大型〜 (画像あり)

シロフクロウ

日本でもペットとして飼育されていてエキゾチックアニマル専門のペットショップにも並びやすいフクロウの紹介です。

アフリカワシミミズク

アフリカワシミミズク
体長:45〜50cm
体重:480〜850g
アフリカ大陸に生息。
クチバシが黒いのが特徴の中型のフクロウで、ワシミミズクの中では小型なほう。
中型ですが性格は大人しめの扱いやすい部類です。

メガネフクロウ

メガネフクロウ
体長:41〜52cm
体重:590〜980g
南アメリカ中央部〜メキシコ、アマゾン地帯にまで生息。
見た目に特徴があり、その名前は目の周りの白い縁取り模様から名付けられたフクロウです。
幼鳥期と大人で模様が変わるフクロウで、子供の頃は目の上の眉毛のような白い毛と おでこ部分の黒い毛のような境目がなく、お腹も頭も真っ白。顔だけ黒いというユニークな外見をしています。(画像は大人のメガネフクロウ)
人懐れしやすく飼いやすい方だと思います。

ベンガルワシミミズク

ベンガルワシミミズク
体長:50〜56cm
体重:1100〜2000g
インドからミャンマーまでのヒマラヤに生息。
オレンジ色の目に、明るい茶色の羽毛、模様も綺麗でペットとしても人気が高いフクロウです。
ただその大きさと好奇心旺盛な性格なので、フクロウ初心者の方にはあまり飼育が大変かもしれません。

アメリカワシミミズク

アメリカワシミミズク
体長:51〜60cm
体重:680〜2500g
カナダからブラジルまでのアメリカ大陸に広く生息。
サボテンが生えたような半砂漠〜4000m以上の高原に生息するものまで、亜種も15種類以上います。
大型のフクロウで、アメリカに生息するフクロウの中では最強の部類に入ります。
そのためウサギやガチョウ、同じ猛禽類である小型のフクロウまで捕食します。
白っぽいグレーに少し黄色っぽい褐色が交じり、横縞の模様と立派な羽角が特徴です。

シロフクロウ

シロフクロウ
体長:52〜66cm
体重:700〜2950g
ロシア北部〜シベリア北部、アラスカ、カナダ北部やグリーンランド、アイスランドまで、北極に近い北部に生息。
ハリーポッターにも登場しているのが有名で、オスはほぼ真っ白。メスが黒い斑点が多く入っています。
こちらもハリーポッター効果で人気ですが、神経質な性格で気性は荒め。飼いにくい部類に入ります。
寒さに強く暑さに弱いので、日本の気候にも少し不向きな種類です。

カラフトフクロウ

カラフトフクロウ
体長:59〜80cm
体重:800〜1700g
ヨーロッパ北部からシベリア、アメリカ北西部まで広く生息。
特徴的な顔の模様はまるでバームクーヘンのよう。この顔の作りが周囲の音を拾うのに役立ち、とても耳が良いフクロウです。
大型なフクロウですが温厚な性格で懐きやすいです。


※画像協力 熱帯倶楽部さん